今の学生が住環境に求めることとは・・・。
時代ごとのニーズを様々な視点から見つめています。

学生のライフスタイルの理想や住まい探しの傾向は、つねに変化しています。そのためジェイ・エス・ビーでは、下宿生の動向把握に努めるなど、時代ごとのニーズに対応。これまでのデータ解析から現状への移り変わりを把握し、さらに今後の予測を立てることにより長期にわたる安定経営のバックアップに役立てています。

18歳人口の減少する一方で、大学生は増加しています

近年、少子化の影響で18歳人口は減少傾向にあります。
ところが、学生数全体の変動はほとんど見られず、むしろ大学・大学院においては年々その数が増加。文部科学省学校基本調査によると、大学(短大を含む)への進学率は、社会の高度化を背景にも後押しされて上昇傾向に。学生マンション事業の市場の安定化にもつながっています。また、国策を背景、外国人留学生も近年、急増しています。

大学生数と18歳人口の比較

進学率

近年、生活費に占める住居費の割合は、40%を超えています。

近年、生活費の中の住居費は、節約できない費用です。
自宅外生の生活費に占める食費と住居費の割合を見てみると、近年は食費が20%程度にとどまり、住居費率が40%を大きく上回ります。この傾向は、広さと設備の充実を選ぶ学生の増加によるもの。不動産業界全般において、一般向け賃貸住宅の家賃相場が停滞する中、学生マンション事業こそが安定した収益を見込める不動産投資だと考えます。
※ 当社2015年度の資料による

生活費の中での食費・住居費(自宅外生)

学生の需要が高まる一方で、ニーズに適う物件の供給はまだまだ。

近年、ストーカーや空き巣などの犯罪増加を背景に、より安心・安全な住環境を求め、セキュリティ設備の充実したマンションの需要が高まっています。また、現代の学生は、プライベート空間を重視し、バス・トイレなどの設備の充実はもちろん、デザイン性・防音性などに優れた住空間を強く希望する傾向にあります。
しかし、それらの人気が高まる一方、実際にはまだまだ下宿・アパートタイプが多く、学生マンションは需要に供給が追いついていない状況です。

自宅外性の住まい

土地活用、住まい探しなど各種ご相談・お問い合わせ