中期経営計画

コーポレート・ガバナンス

ディスクロージャー・ポリシー

ディスクロージャー・ポリシー

1.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関連法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則に従い情報開示を行います。

また、これらに該当しない情報であっても、当社に関し理解を深めていただく上で有用と判断される情報については積極的な開示に努めます。

2.情報開示の方法

当社は、適時開示規則に定める基準に該当する情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示するとともに、速やかに当社のウェブサイトに掲載します。

また、適時開示規則に定める基準に該当しない情報につきましては、適時開示の趣旨を踏まえて、当該情報を適切な方法により正確かつ公平に開示します。

3.インサイダー取引の未然防止

当社は、重要な事実及び内部情報を適切に管理しインサイダー取引の未然防止を図ることを目的として、インサイダー取引規制に関する社内規程を設けるとともに、役職員の研修等を行いその啓蒙・周知徹底を図っております。

4.沈黙期間について

当社では、情報開示の公平性を確保するため、原則として、各四半期決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」としております。当該期間中は、業績に関するコメントやお問い合わせへの対応を差し控えさせて頂きます。ただし、当該期間中に開示すべき重要事実が発生した場合には、適切に情報開示を行います。

5.将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、業績見通し等将来に関する情報は、開示時点で入手可能な情報及び合理的と判断する一定の前提に基づくものであり、確証や保証を与えるものではありません。実際の業績等は、外部環境および内部環境の変化などさまざまな要素により、見通しと異なる結果となる可能性がある点をご承知おきください。