お知らせ

【News Letter】マンション施設を幼児、学生、企業、地域住民とシェアリング!「屋上菜園×幼児教室」「食事付き学生マンション×就活」「高齢者向け住宅×地域交流」新たな価値を生み出すジェイ・エス・ビーの取組みを紹介。

 全国で学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行なう株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:田中 剛)は、当社の経営理念にある「安心・安全・快適・環境・健康・福祉に配慮した豊かな生活空間の創造」に向けた、マンション施設内の共用スペースを利用したシェアリングをテーマにした様々な取り組みを行っています。


■「屋上菜園×幼児教室」で野菜の収穫体験を"シェアリング"
 今年3月に運営を開始した学生マンション「学生会館 Uni E'meal 京都高野(ユニエミールキョウトタカノ)」には屋上菜園があります。都心では体験できない農体験を通した入居学生間の交流や新たな気づき、食育のサポートを目的に設けられたものです。
 施設の有効活用として、グループが運営する幼児教室「UniOVOこどもの森」の子供たちによる野菜の収穫体験イベントを実施しました。
 当幼児教室では、本物の楽器の音色、色々な素材に触れるアートに自然体験など、身近に感じる環境の中で子供たちに「本物の体験」を提供する感覚教育(リトミック、モンテッソーリ、英語、体育、食育)を取り入れています。今回の取り組みでは、子供たちが五感で自然を感じられる食育として、野菜の収穫から、自分たちで調理、食べるまでを体験をしました。

屋上菜園での収穫の様子.PNG
■「食事付き学生マンション×就活」施設の空き時間を企業と"シェアリング"
 学生マンションの食堂のアイドルタイムを利用して、学生の就活支援に活用する取り組みを行っています。20194月、東京都内の食事付き学生マンションで開催した「就活"STYLE UP"プロジェクト」では、オーダースーツブランド「カシヤマ ザ・スマートテーラー」を運営するオンワードパーソナルスタイルと共に、スーツの着こなしを通じて学生の就活マナーのアップデートを目指す服育セミナーを開催しました。学校では教えてもらえないノウハウをプロの講師が丁寧に解説し、大変好評でした。
 今後、食堂を会場として利用する企業担当者を招いた就活相談会等を企画していく予定です。

「就活
■「高齢者向け住宅×地域交流」公民館として"シェアリング"
 当社は、運営する高齢者向け住宅を、地域住民の皆様が「地域の公民館」と思える日常に溶け込んだ存在にしたいと考えています。住宅の食堂スペースにて地域住民も交えた「健康運動教室」を開催する等、様々な取り組みを行ってまいりました。
 2019年6月には、地域住民が参加できる健康セミナーイベント「いきいきフェスタ」が当社運営の住宅で開催され、イベント運営に携わりました。
 イベントは、「ほっとけないをほっとかない」をテーマに、地域住民の方に介護と医療を身近に感じてもらう為のきっかけづくりや、一人暮らしの「高齢者見守り」についての意識づけ、地域住民同士の絆づくりを目的として開催されました。当日は、医師や栄養士、ヨガインストラクターを招いた講演会やヨガ体験、生花体験を通した健康療法、健康カラオケ、骨密度測定、相続相談会が行われ、多くの方が参加されました。

ヨガ講演会・生花体験・骨密度測定体験.PNG


 これからもジェイ・エス・ビーグループは、住まいの提供を通した様々なかたちでの新しい価値創造に努めてまいります。


■報道関係専用お問い合わせ先
ジェイ・エス・ビーPR事務局(株式会社イニシャル内)
担当:山田・西田・松村
TEL:03-5572-7361 FAX:03-5572-6065 
Email: jsb@vectorinc.co.jp

■その他お問い合わせ先 
株式会社ジェイ・エス・ビー総務部
TEL:075-341-2728  Email : jsb@jsb-g.co.jp
お問い合わせフォームからもお問い合わせいただけます。

土地活用、住まい探しなど各種ご相談・お問い合わせ