アーティスト

タイトルロゴ

JapaneseItaliano

TOPアイコン開催にあたりアイコン日程・会場アイコンプログラムアイコン出演者アイコンお問合せアイコン

artist.jpg

アジマン写真

ダニエーレ・アジマン(指揮者)

ダニエーレ・アジマンは、作曲、ピアノ、合唱指揮、オーケストラ指揮、イタリアオペラ指揮を学んだ。1991年、マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクールで優勝後、マルキジアーナ、トスカーナ、レッチェ、バーリ、トリノといったイタリアのオーケストラや、ヨーロッパの名楽団である、モスクワ放送響、ルーマニア国立サトゥ・マーレフィル、ウクライナ・ハリコフ・フィルなどと協演し、活動を広げた。とくに、オーストリアの一流劇場コンツェルトハウスとブルックナーハウスにおける、ウィーン室内管弦楽団との協演で、優れたマエストロの地位を確立。1995年以降は、スイスを代表するルガーノ音楽祭や、コモ・オペラフェスティバル、シチリア島アグリジェント音楽祭など、著名なフェスティバルで「トスカ」「椿姫」「セビリャの理髪師」「蝶々夫人」などのオペラを堂々好演。オペラ/歌劇指揮者・芸術監督としても、高い評価を得ている。現在は、イタリア最高の音楽院として名高い、ヴェルディ・ミラノ音楽院オーケストラ指揮教授も務め、ロッシーニ・オペラフェスティヴァル管弦楽団常任指揮者としても活躍している。世界中のマスタークラスや、くらしき作陽大学でも教鞭を執る国際派である。過去には指揮教育者コンクールで優勝し、指導者としての資質も実証済み。

マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクール優勝
指揮教育者コンクール優勝

「今夜のモーツァルト「レクイエム」が、日本とイタリアの橋渡しとなりますこと、とても喜ばしく思います。「レクイエム」は、死と生きる者の苦しみを深く黙想させるものであります。この黙想、この崇高な音楽によって、日本の津波、イタリア地震の犠牲になられた方々への哀悼をより深く感じることでしょう。モーツァルトの音楽が、その美しさによって生きる私たち二国間の人々に、感動と黙想の時を可能にする夜となることでしょう。」—ダニエーレ・アジマン

ロッシーニシンフォニー写真

ロッシーニ・シンフォニー管弦楽団

ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは、毎年8月にイタリア中部マルケ州のペーザロ市で開催される、現在、ヨーロッパの音楽祭の中で最も注目されている国際フェスティバル。1980年、ペーザロ市が財団を設立し、全プログラムがこの町で生まれた作曲家ジョアキーノ・ロッシーニに捧げられ、ロッシーニ研究の世界的権威である“ロッシーニ財団”が編纂したクリティカル・エディション(批判校訂版)に基づいて、ロッシーニ作品が上演、演奏されている。世界で唯一の学術研究とリンクしている音楽祭であり、その見識の高さと内容の確かさを支持する名だたる国際的アーティストたちが、毎年、ペーザロに集結して質の高い上演が行われている。 最も顕著な功績としては、名作「ランスへの旅」が、1984年のフェスティバルでクラウディオ・アッバードの指揮により約150年振りに蘇演されたことだろう。今では世界各地の歌劇場で上演されている「ランスへの旅」だが、実は、自筆譜が失われていたため、ロッシーニ財団がヨーロッパ中に散逸した楽譜の断片をかき集め楽譜を編纂し上演にこぎつけたのだ。この歴史的名演が“ロッシーニ・ルネサンス”のきっかけとなり、次々と知られざるロッシーニ作品を世に送り出すことで、オペラ関係者のみならず世界の音楽愛好者からも注目されるフェスティバルとなった。 シンフォニー管弦楽団は、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの専属オーケストラである。

プッチ写真

ロマーノ・プッチ(フルートソリスト)

マエストロ/シルヴィオ・クリレチに師事。ローマの公立サンタチェチリア音楽院卒業。 1980年、イタリア国営放送ラジオスイスの国際オーケストラコンクールに優勝し、最も優雅で洗練されたフルート奏者として内外に認められた。 「魔法のフルーティスト」として有名である。長年に渡り「ミラノスカラ座フィルハーモニー管弦楽団」のメンバーとして演奏を続け、首席フルート奏者として活躍した。 リッカルド・ムーティはじめ多くの著名な指揮者と共に世界を舞台に演奏活動(コンサート、オペラ、バレエなど)を行っており、マスタークラスの演奏家であることはイタリア国内外で認められている。 また、ミラノ・アンサンブル・クラッシカ・トリオを結成し、イタリア国内外で活動している。スカラ座アカデミー音楽院の教授として、後進の指導も積極的に行なっている。

http://www.ensembleclassica.it/

榛葉写真

榛葉 昌寛(テノール)

東京芸術大学卒業後、国際ロータリー財団奨学生としてイタリア国立ヴェルディ音楽院に学ぶ。ロック歌手を夢みていた19歳の時たまたま見たオペラ映画「椿姫」によって三大テノール、プラシド・ドミンゴに憧れオペラ歌手を目指す。その後、「椿姫」アルフレード役にてテーラモ市立劇場でデビューし、フィリッパ・ジョルダーノ、フランチェスカ・パタネら世界的な歌手とも共演しながら欧米、日本などオペラ、リサイタルで活躍中。’07年9月にはカプリ紙において「パヴァロッティを彷彿させるリサイタル」と絶賛された。現在、帝人(株)より衣装提供、(財)生涯学習開発財団より助成、静岡県掛川ふるさと親善大使にも任命されている。榛葉昌寛静岡後援会、北海道後援会「フォルツァ!シンバ会」も活動を応援。今年はグラミー賞を受賞している鬼才プロデューサー、ビル・ラズウェル氏とタッグを組み、セカンドアルバムをNYにて制作し、世界販売される。ミラノ在住。

国際マリア・カラス財団 マリア・カラス賞
ゼヴィオ市 国際親善功労賞

http://www.masahiroshimba.com/

サーラ写真

サーラ・オルラッキオ(メゾ・ソプラノ)

ナポリ出身。ベネヴェントのサーラ国立音楽院をディエーゴ・ダウリア氏の指導の下卒業後、数々のマスタークラスに参加し、優秀な成績を収めながら声楽テクニックと芸術性を学ぶ。わずか19歳でガルッピ作曲のオペラ「郊外の哲学者」にてデビューを飾る。その他「コスィ・ファン・トゥッテ」「皇帝ティートの慈悲」などのレパートリーを得意とし、そのレパートリーは、オペラ、クラシックに限らず幅広い。現在23歳の将来を嘱望されているメゾ・ソプラノである。


ドンイル写真

パク・ドンイル(バリトン)

韓国晋州生まれ。ソウル中央大学声楽科卒。17歳にて全国声楽コンクール1位。在学中よりソウルオペラハウスにてオペラデビュー。97年よりミラノへ留学。ミラノ音楽院にて学ぶ。パガニーニ音楽院オペラマスタークラスの奨学生として参加しディプロマを取得。イタリアデビューはサチーレ市立歌劇場にて秘密の結婚。45役余りの豊富なレパートリーを持ち、イタリア及びヨーロッパ各地で活動中、特にセヴィリアの理髪師のフィガロ役は当たり役でクレーマ歌劇場でのデビュー以来各地で100回余の公演に出演。C.フェリーチェ歌劇場にて世紀の名テノールF.コレッリの80回の誕生を祝うガラコンサートに出演。現在は演出家としても活躍。ミラノ在住。 「宗教と国境の壁を越え、人類への愛のメッセージを伝えたい。」—パク・ドンイル

北野写真

北野 里沙(ソプラノ)

サラブライトマンに影響を受け、音大へ。在学中、オペラ『コジファントゥッテ』フィオルディリージ役でデビュー。その後、オペラ、ミュージカルにとどまらず、映画挿入歌やJ-popアーティストとのコラボレーション等、活動範囲は多岐にわたる。イタリアへ留学中、世界各国の仲間ができ、政治・宗教・民族を越え、多くの文化・思想に出会う。それと同時に、皆の母国愛の強さに感激。「日本人として何ができるか?」日本の美しい言葉を歌にのせて、等身大のメッセージを送りたい!!と、帰国後、アーティスト北野里沙としての活動を開始。ミニアルバム「はじまりの時」今春発売予定!
北野里沙オフィシャルサイト http://www.kitanorisa.com/

ペーザロサンカルロ写真

ペーザロ・サンカルロ合唱団

イタリア三大オペラフェステバルの一つ、ロッシーニ・オペラフェスティバルのコーラスを担当する合唱団。その演奏と幅広いレパートリーには定評がある。

元気合唱団写真

元気合唱団

岩手県立高田高等学校音楽部の生徒13名と仙台の大学生3名(東北学院大学・仙台白百合女子大学)、高校生3名(聖和学園高校・仙台白百合学園高校)、石巻の高校生2名(石巻市立女子高校・宮城県水産高校)で本コンサートのために結成された合唱団。高田高校は、東日本大震災の津波により校舎全壊となり、生徒の尊い命も失われた。そのような中、音楽部は、第64回(平成23年度)全日本合唱コンクール岩手県大会では銀賞を受賞し、東北大会に出場している。また、高田高校以外の参加学生は合唱未経験者ながら、練習を重ねての参加である。それぞれ親類や友人、家を失ったが、大きな悲しみを乗り越え、世界中から頂いた援助や言葉、助け合う心を、本コンサートを通して「感謝」の気持ちとして伝えたいと願っている。

プレコンサートアイコン