人と繋がる暮らしと繋がるJSBは豊かな未来と繋がります

現代の市場動向は、
学生マンション事業を後押ししています。

不動産業界において、都市部のオフィスビルの空洞化や一般向け賃貸住宅の家賃相場が停滞。また、社会現象として少子高齢化により近年の18歳人口は減少傾向に。しかし、大学・大学院の学生数は、ここ数年微増しており、安定した入居の需要が見込めます。そのため、長期的安定型の学生マンション事業は、多くの法人や個人オーナー様が関心を寄せられています。

入居者を身元が確かな学生に限定することで、入居者間のトラブルが少なく、館内の秩序が保たれます。また、保護者を契約者とすることで家賃回収もスムーズに。入居者が学生であることから、近隣住民の好印象にもつながっています。

長期的な学歴志向の定着、短期大学の4年制移行、より専門性が高い4年制大学・大学院への進学者の増加に伴い、少子化とは比例せずに進学率は上昇傾向に。学生のニーズに特化した学生マンションは、景気変動に左右されにくく、毎年安定した収入が見込めます。さらに、退出時期を予測できるため、早期に募集活動を開始できるのもメリットです。 また、退出時期を予測できるため、早期に募集活動を開始できます。

少子化を背景として、子供にかける教育費の中の住居費率は増加傾向です。学生マンションのワンルームユニットは、不動産投資としては面積当たりの家賃単価が高く、ファミリータイプよりも収益が見込めます。

入居者の入退出のサイクルは2〜4年。そのため、建物のメンテナンス、家賃の改定、事業転換などの際に比較的スムーズに対応することができます。

学生が地域社会の一員になるまでを見守る社会貢献事業として一面があり、地域のネットワークづくり推進にも貢献しています。