人と繋がる暮らしと繋がるJSBは豊かな未来と繋がります

音楽支援活動

詳細 活動履歴

チャリティクラシックコンサート

「ジェイ・エス・ビーグループチャリティクラシックコンサート」は、1997年にジェイ・エス・ビー創業20周年事業の一環として開催して以降、「国内におけるクラシック音楽の啓蒙と普及」を目的として、毎年開催しています。また、本コンサートは6回目の2002年から、未来を担う子供たちが豊かな教育を受けることのできる環境づくりに寄与するため、コンサート会場内にてチャリティ募金を実施。お客様からお預かりした募金は、今までに日本ユニセフ協会に寄付したほか、2004〜2005年はアフリカ・ケニア共和国イロクワイア小学校の校舎建築基金として、2006年は全国各地の環境保護活動や子供たちへの環境教育の資金として寄贈しました。

ジェイ・エス・ビーグループチャリティクラシックコンサート2005

第9回を迎えた本年は、ドイツを中心にヨーロッパで活躍している声楽家4名と、フルート奏者、チェロ奏者、ピアノ奏者を迎え、札幌・仙台・東京・名古屋・京都・大阪・岡山・福岡の全国8都市にて開催。各会場ともご招待のお客様を中心に、たくさんのお客様にお越しいただきました。

コンサート前半は、ヘンデルの芸術の宝物と言われる「9つのドイツ語のアリア」の他、シューベルト・ラヴェルなどの歌曲を披露。美しい歌声と、3種の楽器が奏でる豊かなハーモニーで観客を魅了しました。後半は、国際的に親しまれている現代の代表的音楽家・ベルクマンの楽曲をピアノのソロで、一般家庭まで幅広く好まれていたハイドンの楽曲をピアノ・チェロ・フルートで、そしてベートーベンの正統な後継者ともくされる1880年代を代表する作曲家・ブラームスの楽曲を声楽の四重唱でそれぞれ披露。会場からは惜しみない拍手が贈られ、約2時間の公演の幕を閉じました。

演奏曲目

ヘンデル「9つのドイツ語のアリア」より
・快い静けさ、安らぎの泉
・快い茂みのなかに
シューベルト
・第1曲 ミューズの息子
・第2曲 あこがれ
・第3曲 鳩の便り
・第4曲 休みない愛
ラヴェル「マダガスカル土人の歌」
・ナアンドーブ
・おーいと吹ぶ
・休息―それは甘える
シュトラウス
・ひそやかな誘い
・夜
・献呈
ベルクマン「8つの学習曲」より
・パントマイム
・冗談
・カノン
・夜想曲
・スケルツォ
ハイドン
「フルートとチェロとピアノのためのトリオ ト長調
 Hob. XV:15」
・1楽章 アレグロ
・2楽章 アンダンテ
・3楽章 アレグロ モデラート
ブラームス
・四重唱曲 Op92
・おお美しい夜
・晩秋
・夕べの歌
・なぜ

出演者

北野法子 / ピアノ
ユリア・ヘニング / ソプラノ
アンネッテ・クライネ / メゾソプラノ
ヨーク・ニチュケ / テノール
トーマス・マイヤー / バリトン
リザ・ブローカー・ヤンボア / フルート
ハンス・ユルゲン・シヒト / チェロ