人と繋がる暮らしと繋がるJSBは豊かな未来と繋がります

音楽支援活動

詳細 活動履歴

チャリティクラシックコンサート

「ジェイ・エス・ビーグループチャリティクラシックコンサート」は、1997年にジェイ・エス・ビー創業20周年事業の一環として開催して以降、「国内におけるクラシック音楽の啓蒙と普及」を目的として、毎年開催しています。また、本コンサートは6回目の2002年から、未来を担う子供たちが豊かな教育を受けることのできる環境づくりに寄与するため、コンサート会場内にてチャリティ募金を実施。お客様からお預かりした募金は、今までに日本ユニセフ協会に寄付したほか、2004〜2005年はアフリカ・ケニア共和国イロクワイア小学校の校舎建築基金として、2006年は全国各地の環境保護活動や子供たちへの環境教育の資金として寄贈しました。

ジェイ・エス・ビーグループチャリティクラシックコンサート2004

初公演から8回目を迎えた今年は、海外から5名の演奏家を招き、全国6都市(札幌・東京・名古屋・京都・大阪・岡山)にて開催いたしました。
前半は古典派のモーツァルトから現代派のストラヴィンスキーへと時代が移り変わり、ストラヴィンスキー編曲による「2台のピアノのためのパガニーニの主題による変奏曲」ではリストの超越した技巧に会場からも感嘆の息が漏れ前半を終了しました。

休憩を挟んでの後半は、エッサーの「2人のための変奏曲」、シューマンの「アダージョとアレグロ 作品70番」「2台のピアノ、2台のチェロとホルンのためのアンダンテと変奏曲」と様々な楽器のアンサンブルが組まれ演奏されました。チェロやホルンの柔らかい音色と2台のピアノが奏でるシューマンの情緒溢れるメロディーに会場は包み込まれました。お客様からの鳴り止まぬ拍手に、ブラームスの「ハンガリー舞曲」でアンコールに応え、大盛況のうちに幕を閉じました。

演奏曲目

モーツァルト「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K448番」
・第一楽章 Allegro con spirito
・第二楽章 Andante
・第三楽章 Allegro molto
ベートーベン「ピアノとホルンのためのソナタ ヘ長調 作品17番」
・第一楽章 Allegro moderato
・第二楽章 Poco Adagio,quasi Andante
・第三楽章 ロンド Allegro moderato

ルトスラフスキー「2台のピアノのためのパガニーニの主題による変奏曲」

エッサー「2人のための変奏曲」

シューマン「アダージョとアレグロ 作品70番」
     「2台のピアノ、2台のチェロとホルンのためのアンダンテと変奏曲」

出演者

北野法子 / ピアノ
アンナ・マリア・マルコヴィナ / サックス
ミヒャエル・シュレヒトリーム / チェロ
アラベラ・リステンパート / チェロ
ヤン・バビネック / ホルン