人と繋がる暮らしと繋がるJSBは豊かな未来と繋がります

2011/09/21
『F・リスト震災復興支援国際交流演奏会』を支援します。

音楽の力による被災者支援活動
学生マンションのジェイ・エス・ビー
『F・リスト<200年の祈り>震災復興支援国際交流演奏会』を支援
パリ・ワルシャワ・ウィーンに続き10/3~10/12 東京・京都にて日本公演開催

    京都で創業し、学生マンションの企画開発・仲介・運営管理を行う株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役会長兼社長:岡正人)は、『F・リスト<200年の祈り>震災復興支援国際交流演奏会』に特別協賛いたします。本演奏会は海外公演に加えて今年10月に東京で1公演、京都では世界文化遺産である清水寺、元離宮二条城など6公演の他、京都堀川音楽学校にて海外から招聘した演奏家によるマスタークラス・レッスンを2回にわたり開催いたします。

        本国際交流演奏会は、京都市と姉妹都市であるパリで活動するフランスのNPO法人エリゼ会が音楽の道を志す若手演奏家達に発表の場を提供するために企画、昨年「ピアノの詩人」ショパン生誕200年の記念イベントとして、国際交流イベント「ショパン生誕200年記念国際交流演奏会・展覧会」を京都市・ワルシャワ市(ポーランド)とともに開催しました。

          おりしも今年も開催に向けてワルシャワ市文化部と合意に達した3月11日、日本では『東北地方太平洋沖大地震』が発生し、多くの尊い人命が失われ、多くの市町村が壊滅的な被害を受けるなど甚大な災害が発生しました。そのため、京都市・ワルシャワ市・演奏家からも賛同を得て『音楽による震災復興支援』を主旨とし、今年生誕200年を迎える孤高のピアニスト・作曲家であり、ショパンの親友であったフランツ・リストが1838年にドナウ川(ハンガリー)を襲った大洪水による激甚災害に際して自らチャリティ・コンサートを開催し多大な寄付を行ったという遺徳を受け継ぎ、音楽のもつ底深い力をいま起動させたいという願いを込めて3月のパリ公演を皮切りに開催する運びとなりました。本演奏会の諸経費を差し引いた金額全額及び募金は京都市及び現地施設を通じて被災地の復興支援に役立てられます。

              学生をターゲットとしたマンションオーナーの発掘から物件の企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行う、日本初の学生マンション総合プロデュース企業であるジェイ・エス・ビーは創業20周年にあたる1997年より、11年にわたり「クラシック音楽の啓蒙と普及」、「若き音楽家の才能支援」「を主眼としたチャリティクラシックコンサートを開催し、会場募金を募り日本ユニセフ協会に寄付したほか、2004~2005年はアフリカ・ケニア共和国イロクワイア小学校の校舎建築基金として寄贈するなど未来を担う子供たちが豊かな教育を受けることのできる環境づくりに寄与してまいりました。

                以後伝統芸能である能・狂言の若手支援も実施し、昨年から本国際交流演奏会にも特別協賛という形式で参加し、金銭のみならずパリ支社が運営する『Galerie Grand E’terna』をパリ公演の会場として提供、社員による運営ボランティアなど物的にも人的にも支援を続けています。未曾有の大地震で被災した方々へ企業市民として果たすべき使命を胸に本演奏会の成功に向けて経営理念である「安心・安全・快適・環境・健康・福祉」をキーワードとした社会貢献活動にこれからも社員一同力をあわせて積極的に取り組んでまいります。

                    プレスリリースPDF版

                      ▼本状に関するお問合せ先
                      株式会社ジェイ・エス・ビー 総務部 広報担当
                      TEL:075-341-2728  FAX:075-341-5010 E-MAIL:pr@jsb-g.co.jp

                      ▼チケットに関するお問合せ先
                      F・リスト<200年の祈り>震災復興支援国際交流演奏会実行委員会事務局 TEL:075-341-3355
                      http://liszt200inori.web.fc2.com/