人と繋がる暮らしと繋がるJSBは豊かな未来と繋がります

2010/05/13
ジェイ・エス・ビーのグループ会社株式会社OVO『就職キャッチアップ交流会』を開催-日本商工会議所の委託を受け、中小企業と学生の交流会を開催中小企業の採用活動支援・学生への幅広い就職先を案内-

学生マンションの企画開発・斡旋仲介・運営管理を行なう株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:佐伯孝)のグループ会社で、学生の就職支援などを行なう株式会社OVO(オーヴォ)(本社:京都府京都市、代表取締役社長:岸本英治)は、この度『就職キャッチアップ交流会』を開催することとなりました。

同交流会は、「合同就職説明会開催事業」として日本商工会議所の委託により弊社が開催するものです。「合同就職説明会開催事業」とは、中小企業庁補助事業「中小企業経営支援等対策費補助金(人材対策基金補助金)」により造成する基金を活用しています。今後の同交流会は、関西圏で催される5月13日(木)の第一回を皮切りに、年内に10回開催され、6月以降の交流会では関西圏の大学と学内施設の提供など連携を図る予定です。

■開催の目的
 経済情勢の悪化により企業の学生買い手市場となっている昨今、中小企業の雇用環境は、優秀な人材を採用できるチャンスといえます。しかしながら、中小企業では「少人数採用のため、採用人数一人あたりの経費が割高になる」「多くの学生が集まっても選考に手間がかけられない」などの理由から、採用広告媒体の活用にまで踏み切れないことが数多くあります。一方、学生は大手新卒者向けの就職情報サイトを活用した活動に偏向しており、サイトに掲載されていない優良な中小企業の採用情報を得ることが難しい状況です。
 当交流会はそのような中小企業と学生との「橋渡し」となり、中小企業が将来を担う優秀な人材を採用できる場となることを目的としています。

■『就職キャッチアップ交流会』の特徴
①イベント形式で学生と企業の相互理解を深める
企業16社(午前・午後各8社)、学生80名(午前・午後各40名)まで、と参加者数を限定した合同企業説明会です。プログラム制をとっており、参加企業すべてのPRを学生が聞く時間を設けています。実際に企業担当者の話を聞いてから選考に進むか否かを判断できるため、「学生は視野が拡がる」「企業は多くの学生に企業告知ができる」というメリットがあります。

②事前セミナーで学生に「働く覚悟」を自覚してもらう
交流会に参加する学生は事前に同社が開催する「就職セミナー」を受講します。ここでは働くことの厳しさややりがいを伝えることで「働くことへの覚悟」を持ってもらいます。これにより学生は、会社の名前や規模だけでなく「仕事内容」に目を向けた就職活動に取り組むこととなり、就業後の離職率を低下させます。

③交流会後も企業学生双方のマッチングを支援
通常の合同企業説明会のように、学生の個人情報を企業に渡すだけにとどまらず、交流会後、学生に各企業の選考会を案内します。採用活動のノウハウを持たない中小企業にとっては説明会・選考会などの採用過程へのアドバイスが得られ、また、学生にとっては、志望企業が求める能力基準に達するための個別カウンセリングを受けることができ、お互いのマッチング率を高めます。

 通常合同企業説明会は参加費用が必要になりますが、当交流会は多くの中小企業が採用活動を行なう契機としていただくため、すべて無料での提供となります。また、採用活動ノウハウに関するアドバイスも無料で行ないますので、今まで新卒学生の採用活動を行なっていなかった企業も参加をしやすい企画となっています。

プレスリリースPDF版

▼本件に関するお問い合せ先

株式会社OVO HR事業部 的場(まとば)
〒600-8432 京都府京都市下京区仏光寺通新町東入糸屋町225 京都仏光寺室町ビル3階
TEL:075-343-3625 FAX:075-343-3633