人と繋がる暮らしと繋がるJSBは豊かな未来と繋がります

2007/02/22
学生マンションのジェイ・エス・ビー「Earth Day Tokyo 2007」に協賛記者発表・事務局運営、Tシャツ・缶バッジ・会場マップ制作のグリーン電力化に協力開催期間中 首都圏の直営店「UniLife」もグリーン電力で運営

全国で学生専用マンションの企画開発・仲介・運営管理を行う株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:岡正人)は、4月21日・22日に開催される市民による日本最大の環境イベント「Earth Day Tokyo(アースデイ東京) 2007」に協賛します。

アースデイ(4月22日)は、地球のために行動する日です。1970年にアメリカで始まり、現在では世界 184の国と地域、約5000ヶ所で、“地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有できる”イベントとして開催されています。日本では1990年に始まり、昨年行われた「Earth Day Tokyo 2006」は、ユニークなイベント実施体制・運営方法が高く評価され、社団法人日本イベント産業振興協会が主催する「日本イベント大賞・準大賞」を受賞しています。「Earth Day Tokyo 2007」は、4月21日(土)・22日(日)に代々木公園を中心に未来へ向けた実践的な提案として、“子どもからお年寄りまで、みんなが楽しんで参加し、地球のことを考え、行動できる”企画が数多く実施されます。

ジェイ・エス・ビーは、「Earth Day Tokyo 2007」における、“グリーン電力による環境対策”に協賛します。今回は「Earth Day Tokyo 2007」事務局、会場マップ製作、記者発表会(2月22日開催)で使用する電力を株式会社自然エネルギー.コムから「グリーン電力証書」を購入することで、バイオマス発電による発電を委託し、同イベントをサポートします。会場内では、身近に自然エネルギーへの貢献ができるよう、200円以上のカンパをして下さった来場者に、グリーン電力付き缶バッチをプレゼントします。 また、グリーン電力証書付きのオリジナルTシャツにも協賛し、購入者は1ヶ月間に個人が使用する電力量(165kWh)をグリーン電力化することができます。

さらに、アースデイ(4月22日)に向け、ジェイ・エス・ビーは当社が展開する学生向け不動産賃貸の営業店「UniLife(ユニライフ)」の首都圏地区11店舗(八重洲店、高田馬場店、渋谷店、新宿店、池袋店、町田店、国分寺店、多摩店、日吉店、津田沼店、川越店)が使用する4月の電力(14,700kWh)を株式会社自然エネルギー.コムに委託し、「グリーン電力証書」を購入することで、1ヶ月間を「Earth Day Tokyo 2007」同様グリーン電力によって運営します。

ジェイ・エス・ビーは、 “「安心・安全・快適・環境・健康・福祉」に配慮した豊かな生活空間の創造を目指し、健全な若者の育成と魅力溢れる社会の実現に貢献いたします。”を経営理念として掲げています。昨年、当社が主催したチャリティクラシックコンサートでは、全国6会場で使用した全ての電力を「グリーン電力証書」購入により、自然エネルギーでのコンサートとして運営した他、入居学生を対象としたスポーツイベント「SPORTS@UniBOX」でも割り箸回収やエコバッグの配布、大会終了後の参加者によるビーチクリーン活動など、環境に配慮した様々な取り組みを実践しています。


プレスリリースPDF版

▼本リリースに関するお問い合せ先

株式会社ジェイ・エス・ビー 広報室
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-7-2 八重洲三井ビル9階
TEL 03-3272-5522 FAX 03-3272-5079 E-MAIL:pr@jsb-g.co.jp