人と繋がる暮らしと繋がるJSBは豊かな未来と繋がります

2008/03/14
『Grand E’terna大阪学生会館』竣工─ガスコージェネレーションシステムを導入した環境に優しいデザイナーズマンションが誕生─

学生マンションの企画開発・仲介・運営管理を行う株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:岡正人)は、学生・単身者向けハイクオリティ賃貸マンション「Grand E’terna(グランエターナ)大阪学生会館」を3月15日に竣工します。

Grand E’ternaシリーズは“ハイクオリティ・ライフスタイル”の実現のため、当社の経営理念でもある「安心・安全・快適・環境・健康・福祉」という6つのキーワードのもと、未来の賃貸マンションのスタンダードを探るために企画・開発された学生・単身者向けの賃貸マンションシリーズです。
同シリーズは、2003年に竣工した「Grand E’terna京都」を皮切りに、北海道・宮城・東京・神奈川・愛知・京都・岡山・福岡・佐賀・大分に展開しています。

「Grand E’terna大阪学生会館」は、大阪モノレール彩都線「豊川」駅より徒歩7分に立地。大阪大学の吹田キャンパス・豊中キャンパスともに通学圏内のため、キャンパス移動がある学部に進学する学生を含め大阪大生にとっては、利便性に優れたマンションです。

部屋タイプは、1K、1LDK、2Kにそれぞれにロフトタイプあり、全19タイプを揃え、それぞれの生活スタイルに合わせたお部屋選びが可能です。入居者が安心・安全に暮らせるよう、セキュリティ強化の一つとして、入居者の居住階のみに停止する「フロアセキュリティ付きエレベーター」を導入しました。バスルームは、ミストサウナ・浴室乾燥機・浴室テレビ・マッサージシャワーなどの設備を充実させ、家にいながら快適なバスタイムを過ごすことができます。また、環境に配慮し、“ガスコージェネレーションシステム”を採用した環境に優しいマンションです。ガスコージェネレーションシステムは地球温暖化の原因といわれるCO2の排出量の少ない天然ガスで発電し、その排熱を有効利用して温水などの熱エネルギーを作る、一石二鳥のエネルギーシステムです。当マンションでは排熱は「ヒーツ」※で利用し、「ヒーツ」のガス使用量を削減し、発電した電力は共用部の一部電気代を賄います。

入居者の住まいに対する要望は年々多様化しており、デザイン性と機能性を兼ねそろえ、さらに安全性と快適性が適ったものが求められています。そのような要望に対する新たな取り組みの1つとして、当社は
2003年より、自社開発の賃貸マンションを展開しています。
当社のコア事業である学生マンションビジネスで蓄積した“ひとり暮らし”に関するノウハウを活かし、10年・20年後にも変わらず求められる賃貸マンションを創造するため、今後も自社開発物件である「Grand E’terna」シリーズに注力していきます。

※「ヒーツ」:HEATS(Housing Heating Total Systemの略)建物の棟ごとに熱源機を設置して給湯、暖冷房を行う「住棟セントラル・暖冷房システム」の都市ガス業界の統-商品名です。
※『Grand E’terna』は、株式会社ジェイ・エス・ビーの登録商標です。

プレスリリースPDF版

画像ダウンロードはこちら

▼本リリースに関するお問い合せ先

株式会社ジェイ・エス・ビー 広報室
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-7-2 八重洲三井ビル9階  http://www.unilife.co.jp/
TEL 03-3272-5522 FAX 03-3272-5079 E-MAIL:pr@jsb-g.co.jp